OTOLAND WEB of おしゃちょうのページ

第1巻 RENKUS-HEINZ SR-1

今回は久々にスピーカーBOXを作りました

2004.02 
RENKUS-HEINZのユニット、4SETを中古で手に入れましたので、「SR-1もどき」を作ることにしました。

01.gif
用意するもの!工具です。

なんやかんや言っても工具が仕事をします。
日用大工店などで、安売りのチャンスを狙ってボチボチそろえました。
安物ばかりですが、弘法筆を選ばず??です。

材料は3×6の18mm合板(3800円!)1BOX=1枚で作れるように設計しました。
02.gif
全面バッフルのホーン口も、丸ノコで開けます。

正確に簡単に切る方法をプロの方に教えて頂きました。
なので企業秘密、、。  これで、わしもプロじゃ!

03.gif
ウーファーの丸い部分は、やはりジグソーでゆっくりと、、。

ボーッとしていると遠心力で?外に反れてしましますよ~。

04.gif
カットした側板、後板、バッフルをボンドと木ネジで、組み立てしてゆきました。

何せ四角のBOXじゃなくて、ティーパー15°のカットになるのでかなり、難しいです。

先に枠を作って天板と底板をケガいて寸法を取ります。~v( ̄ε ̄)ふぅ~

03.1.gif
四角い箱が出来たら、トリマーをかけます。角に丸みをつけます。
注意:木の粉が「もうもう」舞い上がるので、マスクをして行います。ゴホン!ゴホン!ゴホン!

06.gif
取っ手が入る部分です。
これもトリマーで「ザグ」ります。
良いスピーカー??はどれも「ザグ」っているようです。

07.gif
補強材とか、ユニットのネジ穴になる部分に「オニメナット」とかいれて外観の完成!
ひとまずココでビールをのみましょう。あ~うまい!

ココで落ち着いてはいられない!まだまだやることがあるのだ!

09.gif
パンチ張りなので、全面バッフルだけ塗ります。(手抜き~~)

さて、ラストスパートです。パンチカーペットをはりましょう!
うちは白ボンド(俗にゆう木工ボンド)ではります。
パンチカーペットをにしようか、にしようか悩んだ結果やっぱり「」になりました。

10.gif
たるまないように引っ張りながらタッカーを打ち止めて行きます。
ゴワったら不細工です。

11.gif
なかなか入手しにくい黒パンチカーペット。

うちは、装飾、舞台設備屋さんから頂きます。
株式会社ライズクリエイト」さんいつもありがとです。
いつでも取りに行きますので、またお願いします .m(_ _)m ペコリ~♪

12.gif
タッカーの打てないところは、クランプで挟み込んで、で1日置きます。
翌日みごと!にくっついております。
ペンキとボンドが乾いたらグラスールをいれましょう。

足の短いタッカーで止めておくのが良いです。
グラスールは、ホームセンターなどで入手できます。


さて、ネットワークの取り付けです。
14.gif
今回は、バイアンプ使用も出来るように作りました。

取っ手「ハンドル」はYAMAHA製です。(1個2000円位)
15.gif
ユニットも取り付けやっと完成!4本並べてニヤニヤ
( ̄▽ ̄;)

行程日数4日間!やっとココまで来ました
16.gif
ネットワークでも、
バイアンプでも鳴らしてみてOKだったら
最後の仕上げスポンジとアルミネットを装着~!

さぁ~!出来上がり~
sp.gif

第2巻 RENKUS-HEINZ HIBOX

世の中では、フライングやなんだのとゆってる最中、うちの「おしゃちょ~」は、独断と偏見で「HIBOX」を作られました。

2004.06

1.gif
完成!

2.gif
板割りの図面、、。
これがすべてを左右する!このままホームセンターへGO!しはりました、、、。

3.gif
切って来た板~~!
そしてまた切る!

4-1.gif
ここでは、「音らんど特製丸のこ物指し」がつよ~い!みかたになります。

5.gif
まずは、1BOX完成、、。
もちろん2個作らなくちゃ!なので、残業してでもがんばります、

7.gif
ハンドル部分のざくり
8.gif

パンチ張りです。コッパで止めまくって1晩置いておきます。
なんだか悲惨なお姿、、、。
10.gif
完成です。
作業行程 約4日
13.gif
レンカスHIBOXくんは、遠くを見つめてたたずんでおりました。
「僕が現場デビューするのはいつなんだろう、、、。」っと、、、。

第3巻 21U 引き出し(RACK)

おしゃちょ〜が、引き出しが「堅い!」「スムーズじゃない!」っとお怒りの御様子、、。
「こりゃなんかやりよんなぁ~、、」っと思ってると、案の定、、、。入ってた引き出しを、たたき壊し!!駐車場で燃やしよりました、、。
(w゜□゜)w ビックリ!!アリエナイ!

2004.12 
マッハで図面を書き出し、HOMES(近くの関西最大級ホームセンター)へダッシュ!ってなわけで、今回は引き出しの作り方を御紹介します (* ̄▽ ̄*)ノ”

01_moto.gif .html.gif
↑↑↑以前の引き出しラックっす。↑↑↑
02_waku.gif
まずは、おしゃちょ~が「マッハ!」で
買いに行った板~~!
今回は軽くて丈夫なシナランバーコア」板で作ります。
いつもの工具でさくさくっと枠を作ります。
ボンドの流し込みも忘れずに~!

04_yokoreiru.gif
レールを購入。
-------------------------------------
段引きスライドレール500mm \1,370 ×5
小計: \6,850
内消費税: \326
送料: \800
総合計: \7,650
-------------------------------------
取り寄せで、1~2週間前後かかりました、、、。
しかぁ~し!
これがスムースの命の元になるので
到着するまでじっと、がまん。
03_nakareiru.gif
相方のレールも装着!
このあわせがむずかすぃ~~~~イ!!のであります。
何度も何度も、入れたり出したり。
出したり入れたり、入れたり出したりしなくちゃ~いきませぬ。
05_hikidasi.gif
オフィスのスチール引き出しのごとく!
スイス~~~イで開け閉めできます。
また、途中で止まるストッパー機能付き
(^^)ノ
引き出しすぎて落ちる!ッてことは無いです。
06_hikidasi.gif
んで、何度も何度もTRYして
やっとこさ装着完了!
スルスルで引きだせマッス!!
07_totte.gif
さぁ!こんどは「取っ手」です。
「くり抜こうか?」っと聞かれましたが、
「ラフトさんのモノマネしてみたら?」っで
こんなんなりました~~!
08_nuri.gif
さて塗りにはいります。
もち!黒で!
ぬった後は天日干しで~~2度塗は常識!っす。
乾いたら、引き出しを元に戻しましょう!
agari4.gif
外見はこんな感じで、どっしり
agari2.gif
開けてみると、あらびっくり!
5段の引き出しがずら~り!

中敷に、パンチやらスポンジやら工夫して引いて
お好きな品をいれましょう。
ステージ回りのコマごましたのを入れておくと
かなぁ~~~~~~り便利です。
agari3.gif
ウチではこんなもんが入ります。
ってか、写真用におしゃょ~が入れ、、<ウグっ

現場によって多少の違いは出て来そうですが、、。
搬入のぶつ(物)の数は、減りそうです。
さぁ!沢山の物が入ったら現場へ GO!です

第4巻 RES4 DRIVERACK(AMP RACK)

FUNKTION-ONE導入に付きアンプラックを作成しなくちゃ!っで、作成開始!

2005.02 
今回の基本図面はトライオーディオの「東氏」より提供して頂き、木取りも「東氏」直系の「東木材」で切って頂きました。まずはお礼まで。ありがとうございました。

工事中

第5巻 25本入りMICSTAND CASE

これなぁ~~ンだ??うさぎ小屋??

2005.11

micst_1.gif
ヒント1!みなさんはよく、重た~い水道管を使って作ってらっしゃいます。
ヒント2!ウチは軽~い「トリカルパイプ」ってので作ります(^^)
micst_4.gif
ババ~~ン!マイクスタンドケースでした!なななんと!25本入りだぞ!
時間のない仕込みにはマイクも付けて持ってけ~~!
ふたもあるから、積み込みパンパンでも上にラックのせれるぞい!

トリカルパイプ」ってのは中々見つかん無い!
がんばって探し出して、使って下さいませ!

第6巻 事務所のなが~~い棚

ある日の朝、おしゃちょ~が、なんかしらんが板切ってきよった、、TACHIくん引き連れて作業開始なにを作るのぉ~?って聞くと
「。。。。。」っとニヤリ、、、。

2006.01

tana1.gif
っとゆう間に組み上がり
「物」がみえてきまひた。

うむ、もしかして?!
tana2.gif

ニスぬりぬりです。
横からも、斜からも見ましょうね。
ぬれて無いトコチェック~~!

2度塗は絶対!です。
tana3.gif
いいお天気のついでに
かわかしますう(^^)ノ

お昼御飯中に乾きます。
後ろの「V」が、ちょっとおしゃれ。
tana4.gif


んでもってお昼からは、
卓上レイアウト!
自分のデスク周りは、自分で
きれいにしませう、、。

ずらっと!棚なので、なんでも置いてね。
tana5.gif

tana6.gif
残ったコッパ軍は燃やします。
ハキ掃除後の一息
こりは、エコ?になるのかしらん?!

第7巻 Guiter AMP CASE

さて、今回は??
東京の某コメディアンさんの物でして、今までソフトケースに入ってトランポしてたらしいんです。

2006.11

さて、なんでしょう??
東京の某コメディアンさんの物でして、
今までソフトケースに入って
トランポしてたらしいんです。
1.gif
トランポするのに「恐い恐い思い」
をするなら!!っと
言うことで、、
わたくし~安請け合いしちゃいました!
東京から帰ってきてすぐさま、
お社長にリクエストしました。

3.gif
製作行程 約2日!
これで、「恐い恐い思い」は、
なんなく解消されそうです^^
おちゃちょ~様 ありがと~さんです。
ラ~メンおごります。BY かっちゃん

4.gif

6.gif

第8巻 HAKOUMA

むか~し、昔、音らんどには箱馬が4個あったとさぁ~おじいさん(おしゃちょ~)は、
これでは戦(現場)になったら足らない!きびしすぎるぅ!っと思ったそうなおじいさん(おしゃちょ~)は、サル(徳田)、イヌ(円尾)、キジ(立原)を連れて、ホームズ(関西最大級ホームセンター)へ旅立ったとさぁ~

2007.04

uma1.jpg
採寸&板割はイヌ(円尾)、が尺貫法で頭をひねらせ、
カットはホームズの赤鼻のおじさん(友情出演)
組み立ては、サル(徳田)、キジ(立原)
おじいさん(おしゃちょ~)は、現場監督になって、
いざ!戦闘体制!!

uma2.jpg
4匹は、黙々とトンテンカントンテン作ってたとさぁ~
塗りも3匹でヌリヌリしたとさぁ~
もちろん!作業服はよごれて、手は真っ黒になった。

uma3.jpg
そこへイジワルなママハハ(かっちゃん)が、あらわれた!
「毒リンゴ(お昼)の時間やでぇ~、、。」
「いいかげん、昼飯食えよ~~」

こりは!?お昼にしなくちゃ殺される!
っと思った4匹は即座に食事!

uma4.jpg
お昼を食べてゆっくりした3匹は2度塗へ突入!
箱馬はみごと!真っ黒けになりました!

uma5.jpg
ア~タタタタタタタタッ!アタァ~っで、
みごと!10個の箱馬が完成しましたとさ

めでたしめでたし(^^)


これで戦(現場)になっても大丈夫!(かな?)
作業で使ってノコ入っちゃって切断するのは、やめてね

uma6.jpg

第9巻 CASTER △ザルに装着!編△

今回は、みなさまおなじみの「ザル」と呼ばれてる「みかんコンテナ」のキャスター取り付け方で、ごいます。

2007.11

cas_01.gif
いつものホームセンターへGO!
板割図面を渡して切っていただきます。
(私達は彼のことを師匠と呼んでおります)
cas_03.gif
実はホームセンターの師匠が
何枚かサイズ間違えてることが発覚!
まじヵょ >(゚∈゚*)
(弘法も筆のあやまり???なのか??)
cas_04.gif
やむなく自分で切ることに!
ここで!またまた「音らんど特製丸のこ物指し」が
つよ~い!みかたになります→
cas_06.gif
カゴのR(アール)が556にピタリ

cas_07.gif
ジグソーで角を取り

cas_09.gif
底にあわせてR(アール)も取ります
ん~
このR(アール)具合、、、、
絶妙(v゚▽^)

cas_10.gif
出来たら、まず!あってるかどうか確認!
置いてみます。

cas_11.gif
ペアで方向も間違わないように番号で整列

cas_12.gif
つめつきナットを打ち込んで

cas_14.gif
塗装します。乾かすこと半日  

cas_15.gif
乾いたのを組み立てていくと~~!こうなります。

cas_16.gif

第10巻 RESOLUTION 1 ヨーロッパ?!orアメリカ?! 

今回は、弊社FUNKTION-ONE RESOLUTION 1(350W/12inch×1/5inch×1/19kg *Passive module搭載)の追加用スーパートゥイターの作成です。

2008.02

例によって図面作成
res1_01.jpg
今回の板は12mmのシナベニヤを使用
表面がきれいなんです。

res1_02.jpg
スピーカーの開口も小さいので
ボール盤を使って簡単にあけられました。

res1_03.jpg
バッフル板とネットワーク取り付けの裏

res1_04.jpg

res1_05.jpg
上フタ意外の完成です。

res1_06.jpg
とりあえずユニットをいれてみる

res1_07.jpg
外箱完成!アールも取ってあとは、塗装のみ

res1_08.jpg
塗装は純正「RESカラーペンキ」を使うのが、
勿体無いので限りなくRESカラーに近付ける為に調合開始!(水性です)

res1_09.jpg
調合は立原が担当!調合して塗装して
乾かして」!
はじめて色が決まります。
立原は謎の調合師と呼ばれてます(?!)

res1_10.jpg
乾かすこと半日 
調合  ← ヨッ!調合師!立原  →  本物

res1_11.jpg
ヨーロピアンサウンドもアメリカンサウンドも
スイッチ1つで可能ですにしようと思います。

また、これにサブウーファーの追加で
より分厚くパンチの聞いた、
サウンドにしたいと思ってます。

これは改造ではなく「追加」ですのでRES1のキャラクターはそのまま残ってます。
「追加」に関しましては、FUNKTION-ONEジャパン代表-東氏より許可をもらった上で作成しております。
決してマネはしないでください。(o^皿^o)>゛エヘヘ

res1_12.jpg
次にネットワーク
クロスは、12dbカット!周波数は5KHzあたりから測定開始!
たくさんコンデンサーを買い込みました。
(コイル、コンデンサー、アッテネーターは日本橋!)

さぁ!試聴開始!
res1_13.jpg
聴感で、SX300とか他のドライバーをつけて比較
聴感と測定、聴感と測定の繰り返しです。

res1_15.jpg
上が、ツィーター追加のアメリカンサウンド
下が、本来のヨーロッパサウンド

res1_16.jpg
ネットワークもアッテネーター付でバイアンプも可能です。
(切り替えスイッチ付き!)

res1_18.jpg

◆まとめ◆
RES1は、2Way。LOW&HIともにコーン紙で構成されていますので、
どうしてもハイエンドの部分がロールオフしてしまい いわゆるEVのSX300のようなシャリ音が出ません。
もちろん!2.5KHz辺りの汚い音は強調されず耳障りな音が少なく、マイルドなヨーロピアンサウンド(勝手に決めてる)ではありますが、
アタックの強いスネア等を前に出したい場合には、こう言ったスーパーツィーターの追加でより良く解像度が増したと思います、
もちろん!音的には好みはありますが、、、。

↓苦労した点↓
ツィーターの選定
SX300のツィーターやJBLの2402、中国製(最悪)のツィーター、、、、
結果はターボサウンドのTW-505に決定!中古で仕入れたのが大当たり!

コンデンサのクロスオーバー決定
クロスオーバー周波数は、意外な数字でフィットしました(秘密です)


おまけ お道具箱の整理整頓

オペレーターの必需品?!みんな持ってるお道具箱の中身はどんなん??
って、ことで~ウチのおしゃちょ~のお道具箱の中身を拝見!

2008.02
指令→ 入れる物は決まってるんやから、スペースをわけて区分け!せよ!

odougu_1.jpg

odougu_2.jpg
図面は無く、6mmのシナベニア(表面がきれい)
で、現物合わせで適当にカットして作成、
odougu_3.jpg

気になる中身は??
●トークバック用のSHURE SM58
●ヘッドフォン
●工具類(ドライバーセット、ラジペン、六角レンチなど)
●コンパクトCDプレイヤー
●コンパクトMDプレイヤー
●CDメディアケース(立原がよどばしで買ってきてくれた)
●MDメディアケース
●テスター

ところで、みなさんは、
「テスターのビニールケース」うざくないですか??
odougu_4.jpg
ビニールケースに入ってるのは、テスター棒のケーブル収納が、
素早くできず、いつもイラっと苦労します。ヽ(`□´)ノテ~イっ!

そこで、自分なりにこのストレスを解消しました。
odougu_5.jpg
板にミゾをつけてマジックテーブで本体を張り付ける!

フタなんて!!いらないです
電源のON/OFFもすぐ分かります
(テスターのオートパワーオフ使ったら、電池の減りがはやいのは、なぜだぁ~?)
odougu_6.jpg
これなら
収納まで3秒 (ノ^^)ノ
マネしてください